お金をかければパソコンで映画館のような音場も楽しめるぞ!

6516516153

最近は色々な方法で音楽が楽しめますが、バックミュージックをパソコンで再生する事も多く、どうせならいい音で楽しみたいですよね。

でも実際はパソコンから音を出しているだけという人は多いのではないでしょうか?

パソコンでどこまでいい音を出せるかは、オーディオデバイスやサウンドボード(サウンドカード)と呼ばれこの部品に付いて居るLSIの能力によって決まってきます。

資金の投入次第では映画館のような音場を作る事も可能

最近では一般的になったハイレゾ音源も、このLSIの進化がなければ発展してきませんでしたが、実は最新のLSIを利用する以外にもいい音を楽しむ方法はあるんです。

最終的にはスピーカーとアンプの性能とパソコンによる結びつきは、最高のものとなる場合も多く、資金の投入次第では映画館のような音場を作る事も可能なんです。

音質専用外部機器を使う

良い音を出すために必要なLSIですが、普段使うのは内臓のLSIの機能ですよね。

でもそんな音を出す仕組みを、まるっきり自分好みに変えてしまう、外部の音場機器に変更してしまう方法もあります。

USB接続型の外部サウンドボードやUSB DAC、外部アンプと言った音専用のボード類や機器がcreativeや、ONKYOといったメーカーから製品として販売されています。

内臓型のサウンドボードも数多く取り扱いがあるので自作パソコンの音質に拘る人は、最初から導入しているユーザーも多い程です。

メーカー生産のパソコンに関しては、ほぼサウンドボード類の増設や交換が不可能(一部デスクトップ型除く)なので外付けの音響機器を利用する以外の手段はありませんが、自作パソコンの場合は内臓のサウンドボードの交換や増設が可能です。

内臓スピーカーから、アンプ搭載の外部スピーカーの利用

更にはパソコンに付属のスピーカーの音が、なんだか軽いなと思った時はありませんか?
そんな時は、アンプ搭載型の外付けスピーカーであれば、右左の音場が楽しめる2chタイプの他に、重低音と高音を別々のスピーカーで出す5.1chタイプまで様々な製品が販売され、臨場感ある音場を作る事も可能です。

内臓スピーカーよりもっと良い音を楽しむ場合は、アンプという機器が必要になってきます。

音というのは電気信号と、電気の強さによってスピーカーから発生されるのですが、再生される音には、録音した時の音の大きさ(録音レベル)が大きい場合や小さい場合があります。

アンプの役割は再生され流れて来た音の電気信号を、増幅する事で録音レベルを安定させ、大きな音の信号としてスピーカーに送りスピーカーから音として聞こえてきます。

良い音と一言で言ってしまうと音の発生源であるスピーカーに流す電気を増やさなくてはならず、パソコンに付属している内臓のスピーカーではその力が弱い為に小さくて軽い音になってしまうのです。

音圧をかけるには電力を必要とするので、音の量だけ電気を流さなくてはならず、その場合にアンプという機器が必須という訳なのです。

最近の外部スピーカーはスピーカーとアンプが一緒になっている為、小型ながらも出力も大きい物が出始めており、更には複数音域が利用できる製品まで様々登場しています。

そんな外部スピーカーとパソコンの接続方法は、USBやイヤフォン端子を利用して接続するだけでよく、高出力のスピーカーには電源が必要となる為、ACアダプタ等が付属している場合はコンセントが必要なスピーカーもあります。

パソコンは、自作パソコン、メーカーパソコンのどんなタイプを選ぶかで音の臨場感を求める手段が変わります。

好みの音楽がクラシックなのか、POPミュージックかでも、それに合わせた臨場感を作り出すには、DSPと呼ばれる音場プログラムも重要ですが、パソコンの場合は、どんなLSIを使用し、どんなアンプとスピーカーを使うかで音の質は劇的に変わります。

パソコンは安くても、スピーカーとAVアンプに資金を投入すれば、どんなパソコンでも良い音で聞けるシステムを構築できます。

当然2000円のスピーカーと、トールボーイの様な対で50万以上するクラスのスピーカーでは質も違いますし、いくらハイレゾと言っても音が違ってきます。

その為、どんなパソコンでも良い音を楽しむ、長く使えるシステムを作る際はピュアアンプやAVアンプの導入と、高音場が再生可能な海外製スピーカーの組み合わせが最適な組み合わせと言われているのです。